Portfolio of Keisuke Itoh

XR,VR,AR,CG Direction

typeman_1
typeman_2
typeman_3
typeman_4
typeman_5

Typeman [VR演劇]

Typemanはこれまで多くの人間に必要とされ、期待や喜び、悲しみを分かち合い、共に時間を過ごしてきました。しかしいつしか人々から忘れられてしまい、自分の存在意義を見失ってしまいます。 体験者は古びたアパートの一室で、そんなTypemanと出会います。あなたは初めてTypemanと向き合ったとき、彼に対してどんな感情を抱き、どのような行動をするでしょうか。 その世界で誰かの存在に気づいたとき、あなたはここにいる意味を考え始めるでしょう。

Typeman has been needed by many human beings, sharing their hopes, joys, and sorrows, and spending time together. However, he has been forgotten by people and has lost the meaning of his existence. You will meet Typeman in a room of an old apartment building. When you encounter Typeman for the first time, what feelings will you have for him and how will you act toward him? When you notice the presence of someone else in the world, you will begin to think about the meaning of your being here.

  • 監督:伊東ケイスケ(VRアニメーション監督)
  • エグゼクティブプロデューサー:藤岡寛子(株式会社WOWOW 技術局技術企画部 チーフプロデューサー)
  • プロデューサー:待場勝利(XRコンテンツプロデューサー / 株式会社Psychic VR Lab プロデューサー)
  • アシスタントプロデューサー:大橋哲也(株式会社CinemaLeap 代表取締役)
  • 振付&アクター:YAMATO(振付師 )
  • ストーリー・ライター&ストーリー・コンストラクター:中嶋雷太(映像プロデューサー兼物語作家)
  • 音楽:森下唯
  • レコーディング&ミキシングエンジニア:蓮尾美沙希(株式会社WOWOWエンターテイメント)
  • VRChatサポーター&コーディネーター:タナベ
  • テクニカルサポーター:ヨドコロちゃん
  • VRサウンドエンジニア:らくとあいす
  • VR演技指導&アクター:YOIKAMI(Dramaturg)
close_btn

clap_1
clap_2
clap_3
clap_4
clap_5

Clap [VRアニメーション]

人は心から相手を賞賛したいとき、手の痛みを我慢してでも、一生懸命大きく強く手をたたいて気持ちを届けようとします。しかし、その気持ちは相手にちゃんと届いているのでしょうか。この物語はClapの受け手である主人公と、送り手であるあなたの目線で紡がれる物語です。自分に自信がなく、自分のことを何の取り柄もないちっぽけな存在だと感じてしまい、糸のような姿になってしまった主人公、糸男。ある雨の日、糸男が路地を歩いていると、目の前に錆びた空き缶が落ちてきます。その空き缶から鳴り響く、可笑しくも心地良い音に魅了された彼は、自分で音を鳴らしてみたくなり、空き缶を足に履いて踊り始めます。やがて糸男の周りには大勢の人だかりができ、拍手の音も大きくなっていきます。しかし次第にその拍手が大きなプレッシャーとなり、彼を悩ませます。糸男はなぜ拍手が怖くなり、受け入れられなくなってしまったのか。あなたの心からの拍手を糸男に届けることができたとき、Clapは本来の意味を取り戻し、美しい音色を奏ではじめます。

When people want to express their admiration, they channel their emotions into their hands and clap, with energy and feeling, even if it means withstanding physical discomfort. But does that feeling ever reach the other person? In 'Clap,' the protagonist is the target of applause, and the story unfolds from the point of view of a person clapping. “Thread man”, the protagonist, lacks self-confidence, and feels so intently that he has no redeeming features that he has shrunk to a thread-like existence.One rainy day, the thread man is walking down an alley when an empty, rusty can falls in front of him. The can reverberates with a pleasant and amusing sound, and, taken in by it, he tries to recreate the sound himself by wearing the can on his foot and starting to dance.Soon a crowd of people gather around the thread man, and the sound of applause grows ever louder, though with the increased volume comes increased pressure, which troubles the thread man.Why did the thread man become scared of the sound of clapping and why could he no longer enjoy it?When your heartfelt applause reaches the thread man, the original meaning of clapping is restored, which signals the beginning of a beautiful sound.

  • Director : Keisuke Itoh
  • Producer : Katsutoshi Machiba
  • Producer : Hiroko Fujioka
  • Assistant Producer : Tetsuya Ohashi
  • Music : Yui Morishita
  • Story telling advisor:Raita Nakashima
  • Technical Support:Yutaka HAL HASHIMOTO
  • Choreography:YAMATO
  • Technical sound designer:Masato Ushijima
  • Immersive sound designer・Mixing Engineer:Misaki Hasuo
  • Production Company : WOWOW × Cinemaleap
close_btn

beat_1
beat_2
beat_3
beat_4
beat_5

Beat [VRアニメーション]

「Beat」はあなたの”ハート”から生まれる物語です。この作品は体験者が自分の”ハート”を手に持って体験します。“ハート”は体験者の心臓の鼓動と共に振動します。体験者は錆びたロボットと出会います。でもロボットは動く気配がありません。ロボットは”原動力”となる”ハート”を持っていませんでした。体験者が自分の”ハート”をロボットにかざすと、ロボットに新たな”ハート”が生まれます。“ハート”を持ったロボットは立ち上がり動き出します。動き出したロボットは「生きる喜び」を精一杯表現します。でもロボットはどこか寂しそうです。ロボットは友達を探します。本当に大切な友達と出会えた時、どのように接して良いか分からなくなるロボット。”ハート=鼓動”が物語を動かす「鍵」になります。ロボットの成長を通して自分自身の”ハート”の存在を意識することを目指した作品です。

“Beat” is a story elaborated from your “Heart”.Viewers can experience the work with their hearts in their hands. The heart in the animation vibrates at the same pace at viewers' heartbeat.Viewers encounter a rusted robot, absolutely static. He doesn’t have a “heart” to move.Viewers can grant him a new heart by putting theirs on the robot. He then stands up and starts to move, expressing joy to live out all his strength.However, when he meets with new robots, he doesn’t know how to communicate properly.“Heart” becomes the key to move the story forward. The story aims to arouse consciousness of “Heart” via the growth of the robot.

  • Director : Keisuke Itoh
  • Producer : Katsutoshi Machiba
  • Producer : Hiroko Fujioka
  • Assistant Producer : Tetsuya Ohashi
  • Original Music : Yui Morishita
  • Technical Support:Yutaka Hashimoto
  • Haptics Supervisor:Hideyuki Ando
  • Production Company : WOWOW × Cinemaleap
close_btn

feather_1
feather_2
feather_3
feather_4
feather_5

Feather [VRアニメーション]

この作品は、ちいさな人形の少女がバレエダンサーになる夢を目指す物語です。舞台は、古い屋根裏部屋にひっそりと置かれているドールハウスで繰り広げられます。体験者は物語を見守るだけでなく、所々で、少女に『FEATHER』を渡す、インタラクションをすることになるでしょう。『FEATHER』とは、『勇気』や『はげまし』の意味を内包するシンボルです。白くて軽くて、フワッとした羽の形をしています。少女が何らかの困難にぶつかった時、体験者のもとに『FEATHER』が現れます。少女は体験者から渡された『FEATHER』を受け取りながら、すくすくと成長していき、バレエダンサーになる夢へと突き進んでいきます。

This is a story about a small girl doll whose goal it is to be a ballet dancer. The setting of the story is inside of a doll house which is placed in an old attic. Viewers do not just watch over the story but also pass a feather to her interactively. The feather is a symbol which implies both ‘Courage’ as well as ‘Encouragement’. It looks white and light, and fluffy. When she confronts some difficulty, a feather appears in front of the viewer. As she receives a feather from the viewer, she grows up to pursue her goal to be a ballet dancer.

  • Director : Keisuke Itoh
  • Producer : Katsutoshi Machiba
  • AssProducer : Tetsuya Ohashi
  • OriginalMusic : Yui Morishita
close_btn

grow_1
grow_2
grow_3
grow_4
grow_5

Grow [CGアニメーション]

close_btn

oldumbrella_1
oldumbrella_2
oldumbrella_3
oldumbrella_4
oldumbrella_5

OldUmbrella [CGアニメーション]

close_btn

afterschool_1
afterschool_2
afterschool_3
afterschool_4
afterschool_5

AfterSchool [CGアニメーション]

close_btn

photon_1
photon_2
photon_3
photon_4
photon_5

Photon [CGアニメーション]

close_btn

jealousy_1
jealousy_2
jealousy_3
jealousy_4
jealousy_5

Jealousy [アニメーション]

close_btn

jealousy_1
jealousy_2
jealousy_3
jealousy_4
jealousy_5

Silhouette [アニメーション]

close_btn

line_1
line_2
line_3
line_4
line_5

Line [アニメーション]

close_btn

btff_3
btff_1
btff_2
btff_logo

Beyond The Frame Festival メインビジュアル [グラフィック・ロゴデザイン]

close_btn

tsukumo_1
tsukumo_2

TSUKUMO-KAMI: soul of folk toys [AR/VR インスタレーション]

特設会場に、小田急百貨店のプロデュースによる九州各県の郷土玩具を展示。参加者はARグラスを装着することで、古くからお守りや縁起物として身近に親しまれてきたものに宿る「九十九神」を見つけることができる。

close_btn

abyssdiver_1
abyssdiver_2
abyssdiver_3
abyssdiver_4
abyssdiver_5

Abyss Diver [VRシューティング]

正統派VRシューティング。巨大地下都市[ABYSS]が、何者かに占拠された。調査報告によれば、センサーにより、既に多くのエネミーが確認されているようだ。もしもこのまま、地下都市の管理機能を完全に乗っ取られてしまえば、その影響は広く地上にも及び、取り返しのつかないことになるだろう。ただちに、敵勢力を排除しなければ。地下都市の最深部には、一体なにが待ち受けているのか…

close_btn

photon_vr_1
photon_vr_2
photon_vr_3
photon_vr_4
photon_vr_5

PhotonVR [VRインスタレーション]

close_btn

viewmore_btn
afterschool_1
voyage_2

Voyage [CGグラフィック]

close_btn

push_1
push_2
push_3

Push [VRアニメーション]

close_btn

bs-tbs_1
bs-tbs_2
bs-tbs_3

BS-TBS 土曜ロードショーOP [CGアニメーション]

close_btn

kurakimai_1
kurakimai_2
kurakimai_3

Mi Kuraki Love, Day After Tomorrow feat.15directors Music Clip(1:33-) [CGアニメーション]

close_btn

postino_1
postino_2
postino_3
postino_4
postino_5
postino_6
postino_7
postino_8
postino_9

Postino [イラストレーション]

close_btn

postino_1
fish_2 hill man migration

Drawing [イラストレーション]

close_btn

postino_1
pen_1 pen_2pen_3

Drawing [イラストレーション]

close_btn

close_btn

laurel_list
  • 第79回ヴェネチア国際映画祭 Venice Immersive ノミネート(イタリア)[Typeman]
  • レインダンス国際映画祭 ノミネート(イギリス)[Typeman]
  • 高雄映画祭2022 ノミネート(台湾)[Typeman]
  • 第78回ヴェネチア国際映画祭 “VENICE VIRTUAL REALITY ノミネート(イタリア)[Clap]
  • SIIGRAPH2022 VRシアター(アメリカ)[Clap]
  • SIIGRAPH ASIA2022 VRシアター(韓国)[Clap]
  • ザグレブ国際映画祭 ノミネート(クロアチア)[Clap]
  • ルミエールジャパンアワード2021 VR部門 優秀賞(日本)[Clap]
  • モントリオール・ニュー・シネマ国際映画祭 入選(カナダ)[Clap]
  • Animatex Animation Festival 2022 ノミネート(エジプト)[Clap]
  • 第77回ヴェネチア国際映画祭 Venice Virtual Reality ノミネート(イタリア)[Clap]
  • カンヌXR VeeR Future Award 2021 Best VR Story,Best VR Interactive Experience ノミネート(フランス)[Clap]
  • 第40回バンクーバー国際映画祭 Best Of Animation 受賞(カナダ)[Clap]
  • ルミエールジャパンアワード2020 優秀賞(日本)[Clap]
  • XRクリエイティブアワード2021 コンテンツ・アート部門優秀賞(日本)[Clap]
  • ベルリン国際映画祭 EFM VRシネマ上映(ドイツ)[Beat]
  • SIIGRAPH2021 VRシアター(アメリカ)[Beat]
  • SIIGRAPH ASIA2021 VRシアター(日本)[Beat]
  • Beyond The Frame Feastival 特別上映(日本)[Beat]
  • ブカレスト国際ダンス映画祭 VRシアター(ルーマニア)[Beat]
  • 富川国際映画祭 VRシアター(韓国)[Beat]
  • Xi'an Art and Tech Festival VRシアター(中国)[Beat]
  • 4K・VR徳島映画祭 特別上映(日本)[Beat]
  • 76回ヴェネチア国際映画祭 Venice Virtual Reality ビエンナーレカレッジセレクション(イタリア)[Feather]
  • XRクリエイティブアワード2020 ベストグラフィックス賞(日本)[Feather]
  • 釜山国際映画祭 VRシネマ(韓国)[Feather]
  • 高雄国際映画祭2019 ノミネート(台湾)[Feather]
  • ズリーン映画祭 VRシアター(チェコ)[Feather]
  • マドリード国際映画祭 VRシアター(スペイン)[Feather]
  • SIGGRAPH2020 VRシアター(アメリカ)[Feather]
  • シネクエスト映画祭 VR Experience Lounge(アメリカ)[Feather]
  • ジュネーブ国際映画祭 ストリーム(スイス)[Feather]
  • 江陵国際映画祭 VRシアター 上映(韓国)[Feather]
  • 富川ファンタスティック国際映画祭 Beyond Reality ノミネート(韓国)[Feather]
  • アヌシー国際アニメーション映画祭 Mifa 上映(フランス)[Feather]
  • NEWVIEW AWARDS ファイナリスト(日本)[Tsukumo]
  • SIIGRAPH ASIA 2013,Animation Theater(中国)[Grow]
  • デジタルフロンティア2013 学長賞,ベストアートディレクション賞 (日本)[Grow]
  • Eyeka!メットライフアリコ・映像コンペディション グランプリ(アメリカ)[OldUmbrella]
  • なら国際映画祭2016 作品上映(日本)[OldUmbrella]
  • 第15回 TBS Digicon6 HP&AMD Prize(日本)[OldUmbrella]
  • 第3回 伊勢崎映画祭 最高賞(日本)[OldUmbrella]
  • マルチメディアコンテンツアワード 2012 東京MX賞(日本)[OldUmbrella]
  • エコ&アートアワード2013 ビジュアルアーツ部門 入選(日本)[OldUmbrella]
  • アジアデジタルアートアワード2012 動画部門 入賞(日本)[OldUmbrella]
  • 第3回三田映画祭 Business Vision Award,Academic Vision Award,Composer's Vision Award(日本)[OldUmbrella]
  • 第6回こどもアニメーションフェスティバル 小池葉子審査員賞(日本)[OldUmbrella]
  • 第17回いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア大賞2013 入選(日本)[Voyage]
  • CG Students Awards 2013 VFX/ANIMATION Category,Prize of HIGHLY COMMENTED,ファイナリスト(アメリカ)[Voyage]
  • 2013 Asia Digital Art Award 動画部門 入賞 (日本)[Voyage]

伊東ケイスケ | Keisuke Itoh

VRアニメーション監督,XRクリエイター

1986年生まれ。多摩美術⼤学グラフィックデザイン学科卒業。メーカーのグラフィックデザイナーを経て、現在はXRアーティストとして活動する。これまでにヴェネチア国際映画祭やカンヌ国際映画祭、世界最大のCGの祭典SIGGRAPHなどで上映を行ってきた。ヴェネチア国際映画祭のVR部門では2020年より自身が監督を務めるVRアニメーション作品で3年連続ノミネート。