Beat [Interactive VR Animation]


face image
KEISUKE ITOH

Freelance

VR & 3DCG Artist

info@keisukeitoh.com

  • 第77回ヴェネチア国際映画祭 ノミネート
https://www.labiennale.org/en/cinema/2020/venice-virtual-reality-expanded/beat

“Beat” is a story elaborated from your “Heart”. Viewers can experience the work with their hearts in their hands. The heart in the animation vibrates at the same pace at viewers' heartbeat. Viewers encounter a rusted robot, absolutely static. He doesn’t have a “heart” to move. Viewers can grant him a new heart by putting theirs on the robot. He then stands up and starts to move, expressing joy to live out all his strength. However, when he meets with new robots, he doesn’t know how to communicate properly. “Heart” becomes the key to move the story forward. The story aims to arouse consciousness of “Heart” via the growth of the robot.


「Beat」はあなたの”ハート”から生まれる物語です。 この作品は体験者が自分の”ハート”を手に持って体験します。 “ハート”は体験者の心臓の鼓動と共に振動します。 体験者は錆びたロボットと出会います。でもロボットは動く気配がありません。 ロボットは”原動力”となる”ハート”を持っていませんでした。 体験者が自分の”ハート”をロボットにかざすと、ロボットに新たな”ハート”が生まれます。 “ハート”を持ったロボットは立ち上がり動き出します。 動き出したロボットは「生きる喜び」を精一杯表現します。 でもロボットはどこか寂しそうです。ロボットは友達を探します。 本当に大切な友達と出会えた時、どのように接して良いか分からなくなるロボット。 ”ハート=鼓動”が物語を動かす「鍵」になります。 ロボットの成長を通して自分自身の”ハート”の存在を意識することを目指した作品です。


Director : Keisuke Itoh

Producer : Katsutoshi Machiba

Producer : Hiroko Fujioka

Assistant Producer : Tetsuya Ohashi

Original Music : Yui Morishita

Technical Support:Yutaka Hashimoto

Haptics Supervisor:Hideyuki Ando

Production Company : WOWOW × Cinemaleap